薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 3-2.バイク:整備

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安物買いの・・・

2012 - 12/11 [Tue] - 22:00

銭失いとはまさにこのこと。

ZZRのバッテリー交換で、純正品は高い(定価で\28,455-!!)からと、互換性のあったデイ○ナ製バッテリー(セールで\11,000-)に交換して約1年。
先日エンジンのかかりが悪いのでバッテリーを見ると8.8v・・・・・・(゚Д゚ )ハァ?
8.8vって完全に死んでんじゃん!凸(゚Д゚メ) ゴルァァアア!!

純正品は初回の車検受けてもまだ十分保っていたのに、コイツは...
さすが台湾クオリティ_| ̄|○

結局ナップスで純正の古河バッテリーを買うことにしました(セールで\17,000-)
IMG_20121211_190721.jpg

¥11,000-は高い授業料だったな~(; ̄_ ̄)=3

車,バイクの電装品は、いくら高くとも国産品に限ります。
台湾,チャイナクオリティは最悪┐(´д`)┌

スポンサーサイト

タンクキャップ不具合その後2

2008 - 10/10 [Fri] - 13:05

不具合発生から約2週間が経過しようとしています。

ショップから、ようやく修理の目途がついたと連絡がありました。

タンク一式パーツ類は10月中に届くので、10月下旬には修理完了しそうです。
なんとか10月末に完成しそうな状況となりました。

だがしかし!ひん曲がったカギの修復について...

マスターキーを元に、新たにカギを削ってマシンに登録するのに特殊工具が必要で・・・
イモビなんだから当たり前なんですがf^_^;

この特殊工具が全国各地引っ張りだこで、順番待ちだそうです(-д-;)
つまり!マシンはあってもカギがない!(爆)

(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!! これが笑わずにおれようか!!

そんなにカギ失くす,カギ壊すユーザー多いんかい!(*`д´)b

という訳で皆さん、カギの取り扱いには十分ご注意を...(; ̄_ ̄)=3

新たな不具合発生?!

2008 - 09/28 [Sun] - 20:12

昨日社内の面々とツーリングに行き、その日記を書こうと思いましたが、新たな不具合が発生したのでこちらを書きます。

昨日のツーリングで気付いた事です。
朝ガソリンを入れにGSに行き、燃料コックを開こうとしたらきつくてなかなか開きません。
以前からきつめでしたが開かない事はなかったのでエイヤ!と回したら『グニ...』っと嫌な感触が...

カギが曲がりました..._| ̄|○

無理やり抜いて逆向きにして回し何とか給油成功。GSの隅っこに移動して給油口を調べたら・・・
ガ-(゜Д゜;)-ン!なんじゃこりゃ?!サビだらけ?!

1ヶ月ぶりの給油で全然気付きませんでした。

給油口の蓋の方がサビがひどく、これじゃ廻らないはずだ...
Z169.jpg

コック側も側に沿ってサビのラインが...
Z170.jpg

鍵を挿すところも水滴だらけ...(-д-;)
Z171.jpg

で、今朝はお世話になってる赤男爵に持っていき、詳細に調べてもらいました。

ZZR1400は06'年式時この水抜きに関するリコールが発生していて、僕のは07'なのでその対策は講じられてました。
しかし、コックからタンク内部を伝って下部の排出口に至る間に水が溜まり、排水がしっかり行われていなかったようです。

排出口からタンクまでの間のドレンホースに問題はありませんでした。
残るはコックからタンク内を走るドレン管・・・

息ではエアが通らず、エアを吹かしてみるとドバっとサビ汁が...(・ω・;)(;・ω・)

下の写真の赤いラインがタンク内の水抜き管です。
Z172.jpg

タンク内の管はスチール又はアルミ製で、ここに水が溜まると当然サビが生じます。

整備員の見解では、このタンク内を走るドレン管の勾配がおかしく、しっかりと排水されておらず管内に水が溜まり、サビを生じさせた、との事。

下写真が注入口のコックを取り外した状態です。左上にある穴がドレン管に通じている排水口です。
Z173.jpg

下写真の赤い部分はタンクからドレンホースにつなぐ排水口です。
ここからサビ汁がドバっと...(-д-;)
Z174.jpg

僕のはローダウンしているので、勾配的には好条件のはずがこういう事態に陥りました。

赤男爵としては、新たな不具合事例として記録、メーカーに対し強姿勢で臨むと言ってました。

いきなり事が大きくなってビックリですが、確かにサビの問題は完全に解決する方法を見つけないと、必ずぶり返しますので...

整備員:「リコールになるかサービスキャンペーンになるか、それとも個人対象で終わるか、明日連絡取ってみないと分かりませんが、こちらとしてはメーカーから具体的な改善案が出され、実際に改善されるまでお返しできません。」
T坊:「リコール?!Σ(゚д゚lll)そんなオオゴトなんですか?」
整備員:「最新のマシンですよ?こんなトコにサビが出る自体おかしいんです。T坊さんの車体、徹底的に調べられますよ。」
T坊:「調べるって・・・??( ̄へ ̄|||) ウーム」
整備員:「ひょっとしたら年内一杯は...」

年内一杯は? 年内一杯はラーメン食べちゃダメとか?グハ!☆(゜o゚(○=(-_-;アホカ!!

真面目な話、タンク交換になるだろう、というのが整備員,工場長の見解です。
ハイ、まず間違いなくメーカー行き決定です・・・
myZZRはこのまま緊急入院致しました..._| ̄|○

せ、せっかくのシーズンが・・・Σ(゚д゚lll)ガーン

ZZR1400 / ZX-14 リコールを受けて

2008 - 09/22 [Mon] - 20:46

まさか自分のバイクでリコールが起こるなんて...
乗り継いで2台目だから当る確率は超低いんですが、これもご愛嬌という事ですねf^_^;

しかも!カミさんのライフもリコールに引っ掛かり、先週直してきました。
まさしくリコール夫婦?!グハ!☆(゜o゚(○=(-_-;ナンジャソレ!!

話を元に戻して・・・
やっとこちらのショップにリコールの修理キットが届いて、my ZZRもチェックを受けました。
結果は問題ナッシングです""ハ( ̄∀ ̄*)パチパチ♪

という訳で、今回のリコールについてショップの人を交えて話した結果をご報告です。

まずはこの写真をご覧下さい。
Z150.jpg

不具合とは、水色箇所のボルトに規程値以上のトルクをかけたため、フレーム最下部赤色部分の溶接が剥がれ、亀裂が生じるというもので、最悪溶接部が割れます。

何のこっちゃ?ですが拡大してみるとよ~くわかります。
問題のフレーム部分を拡大したものが下の写真です。
Z151.jpg

水色→がトルク値をかけ過ぎた(締め過ぎた)ボルトです。
赤い箇所がフレーム同士の溶接箇所です。
桃色が力の流れを簡単に示したものです。
(実際は立体内空構造なので、力の伝達はもっと複雑な機構です)

お分かりでしょうか。
過剰な締め付けのせいでフレーム内部にモーメントが発生し、最下部のフレーム溶接部に、本来発生してはならない引っ張られる(引き剥がされる)力が生じています。

下の写真をご覧下さい。もっと簡単に表せばこういう事です。
Z152.jpg

引き離されようとする力が集中する場所、それは溶接箇所に他なりません。
溶接部以外はただのアルミの塊なのですから。
なお、伸び縮みイメージを簡単にするため、バネに見立ててます。

普通に走っている時でも常に引き剥がされる力が溶接部に加わっている時に、後ろから衝撃を食らったら…
衝撃力によりますが、まず一発で溶接破断です。

アメリカで不具合が発生し、詳細に調べた結果では、目視判断で十分可能との見解を示しているとか。カワサキの技術陣がそういう見解を示しているのですから、それで大丈夫でしょう♪
その技術陣の中に「ポスト姉歯」はいないでしょうから(爆)

参考までに、マフラー交換前に自分でチェックした時の写真を掲載します。
フレームの溶接箇所はこの赤丸箇所になります。
Z153.jpg

真下なんて簡単には見えないので、接写して写真で確認しました。
Z154.jpg

Z155.jpg

見事なまでの溶接の肉盛。この溶剤跡に走る白いスジが怖かったのですが・・・

結果、myZZRは、持ち主共に超清廉・健全です♪
( `.∀´)イヒッ ( ̄∀ ̄*)イヒッ




カウル補修大作戦act5

2008 - 04/14 [Mon] - 10:32

不幸な出来事から約1ヶ月、ようやくここまで辿り着きました。

傷付いたカウルの見積もり金額に目が(;・д・)となり、DIYで補修する決意をしてからこつこつ続けて、
ちょっとは腕が上がったと思いたい今日この頃・・・

純正色がスプレーで出ておらず、純正タッチペンのみという悪条件からスタートしました。
しかしタッチペンで広面積のペイントは不可能。そこで「ソフト99」のタッチペン用スプレー
『エアータッチ』
を使いました。

まずソフト99のタッチペン『ブラック』を使ってミラーのペイント。
完成後そのタッチペンをシンナーで綺麗に洗い、中身が完全に無くなったのを確認して、
kawasaki純正タッチペンの液を、綺麗にしたソフト99のタッチペンに注入。
そして『エアータッチ』を使いスプレー式で塗装をしました。

結論から言います。メタリック調には使えません!(爆)

①タッチペンの濃さの調整が不可能。色が濃すぎる。
純正は濃紺色ですが、スプレーとして使うとほぼ黒です。うすめ液を使っても、
メタリックのキラキラ度がどんどんなくなるだけで、黒っぽさはあまり減りません。

②粒子のチラつきが酷い。スプレー用に作られていないせいか?

③①,②の理由で、色むらが…(´A`)

毎回試行錯誤をして再三やり直しをしましたが、もはやタイムリミット、
なんとかあまり酷くない状態にまで直し、ココまでこぎつけました(^_^;)
ノーマル側
Z134.jpg

補修側
Z135.jpg

補修箇所が黒っぽいのがわかるかと・・・
特に今日は曇りで、黒さが際立ってます(^_^;)

で、かみさんから、

「ただでさえ不気味なんが、もっと不気味になったんちゃうん?」
・・・(`ω´♯)ムキ!!

(@’ω’@)ん?
不気味ならもっと不気味らしく、クールに表現すりゃごまかせるんジャマイカ...
いやいや、じゃないか?

そこで元々無いセンスと知恵を絞って、様々なサイトで調査しつつ、
ステッカーチューンをする事にしました。

motoGPやモトクロスでメジャーになりつつある『モンスターエナジー』を使いました。
ただしでかいグリーンの爪だけは、黒には合うけど紺には・・・
という訳で、ワードで『モンスターエナジーもどき』を自作しました(^_^;)
ステッカーチューン
Z136.jpg

ノーマル側
Z137.jpg

補修してない方が非常に寂しかったので、申し訳程度にKファクトリーのステッカーを…

今回はステッカー代を含め、かかった材料はトータル2万以下に抑える事が出来ました。
何とかカウル1枚分の値段・・・(; ̄_ ̄)=3

ついでにポジションとウィンカーのLED化をば・・・川 ̄ι ̄川フフフ
Z138.jpg

Z139.jpg

 | HOME |  »

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。