薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 2009年10月

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAKANO56

2009 - 10/30 [Fri] - 10:18

レーサーの中野選手が現役引退をしたことは皆さんも記憶に新しいかと思います。

中野真矢 オフィシャルサイト
Z248.jpg

この中野選手、なんと11月1日のMFJ全日本最終戦、鈴鹿でサーキットデモランとトークショーが開催されるとのこと。

王子ファンの方々、これは最重要チェックでっせ~♪( ̄∀ ̄*)イヒッ

【以下ニュース記事引用】

この度、引退を発表致しました中野真矢ですが、今週末、11月1日(日)に、鈴鹿サーキットで行われます、MFJ全日本ロードレース選手権、最終戦に、ゲストとして参加致します。
そこで、今まで応援して頂いたファンの皆さまへの感謝を込めまして、サーキットデモラン、並びに、メモリアルトークショーを行うことが、急遽決定いたしました!

中野真矢、現役最後となりますサーキットでの走りを、できるだけ多くの方に見て頂きたいと思っております。
詳しい詳細は、追ってまたご連絡させて頂きます。

お近くの方は、是非、鈴鹿サーキットまで足をお運び下さい。


Z247.jpg

【緊急告知】中野真矢ラストラン !!

・・・行きたいけど行けない(; ̄_ ̄)=3

スポンサーサイト

にゃんこの話 <その後2>

2009 - 10/29 [Thu] - 14:19

さて、その後毎日来るこの子猫ちゃん、鳴き声に必ず「シャー!!」を伴うので『シャア』と名付けました。

毎朝毎晩必ずうちの前の駐車場前にいます。
とは言っても空状態の広場にいるのではなく、両隣の車の下どちらかにいるのですが・・・

朝出かける時に「うぉ~ん、シャー!!」
夜帰ってきた時に「うぉ~ん、シャー!!」
と餌をねだってきます(;^_^A

毎回威嚇が激しいので近づこうとしなかったのですが、「シャー!!」と言う度に「コラ!」と叱るとぴたりと止めるので、言う事は素直に聞く猫みたい・・・(@'ω'@)ん?

という訳で、実は素直な猫じゃないかと思い、意を決してフーシャー言う顔に向かって手を伸ばすと・・・

Z245.jpg

ゴロゴロゴロゴロ・・・「シャー!!」・・・ゴロゴロゴロゴロ・・・「シャー!!」・・・続く...

なんじゃそりゃー?!(#ノーロー)ノ彡┻━┻彡ヾ(゚∇゚;)まあまあ

どうやら甘えるのが極端に下手な子猫だったようです(; ̄_ ̄)=3

フーシャー言いながら全身を手のひらに押し付けてきます。
ちょっと手を離すとひっくり返って腹を見せてごろんごろんし始め・・・
で、腹をさすってやると、ゴロゴロゴロゴロ・・・「シャー!!」・・・続く...

抱っこは嫌なのか固まりますが、撫でてもらうのは大好きなようです。
シャアはやっとだというのが分かりました(;^_^A

撫でて気付きましたが、リボンと思っていた首輪はリボン生地の立派な首輪でした。
ただし首輪をつけっ放しのようで、首輪周りの毛が抜けて、地肌(?)が出ていました。
首輪自体も相当年季が入っていて、他の猫のお古じゃねーか?(ーー;)

それと、お腹の辺りに喧嘩傷と思われる怪我をしてました。
また、両方の後ろ足とも、擦り傷がありました。
身体は全然臭くなく、寝床は室内だと思われます。

Z246.jpg
ほら、人ん家入っても興味津々で全然怖がりません(;^_^A

毛はバサバサで、撫でてもらったりブラッシングしてもらったりしてないのでは?とも思いました。

迷い子か捨て猫かとも思いましたが、どうやら飼い猫らしく、しかもこの子の状態からして飼い主はちょっと普通だとも思えません。
しかし私はしろーとですからこれ以上はどうしようもなく、首輪に飼い主への手紙を挟んでやろうかと。

この子は甘え方が下手なだけで、基本的に人間にアマエタの普通の子猫なんです。

しかしこの子の威嚇癖はいけません。
道路を通行する人達に向かってフーシャーやってました。
普通に道路を歩いてるだけの、園児や小学生に対しても・・・

近辺の住民に、危険な猫がいる、と思われるのも時間の問題でしょう(-д-;)
そしてK察か保健所が呼ばれる事になるでしょう・・・

また、この子は付近を根城にしているカラス一家からも狙われています。

以上の事からも、この子の安全のためにも完全室内飼いを促そうかと・・・

怪我をほったらかしにしているぐらいですから、素直に聞き入れてくれるとは思えませんが・・・(; ̄_ ̄)=3

アクセス6000!

2009 - 10/26 [Mon] - 14:36

昨日の話になりますが、お陰様で、当ブログのアクセス数が6000となりました!

Z244.jpg

去年の1月にスタートして約2年、一体どこのどなたにご覧頂いているのか定かではありませんが、分かっている範囲ではとても達成できていない数字だと思っております。

今後もつたない内容を綴っていきますが、お暇な時にご来訪頂ければ幸いですm(_ _)m

にゃんこの話 <その後>

2009 - 10/25 [Sun] - 22:57

にゃんこの話は3で終了、のつもりでしたが、ちょっとした事が起こってます...



野良の白猫のテリトリーであった駐車場に、他の猫が進出してきました。
ガタイのいい黒猫と、生まれて1年経ってない様な華奢な体つきの黒猫...
両方とも初めて見ました。

常駐している訳ではなさそうですが、頻繁に日向ぼっこや車の下で寝ていたりするので、どうやら白猫は・・・
しかし他にも数匹野良猫がいるのですが、何故お初の野良猫がココに・・・?

野良のシロとよく喧嘩していた飼い猫のシロは、なにやら寂しそうです。
うちの庭先を歩く姿は、背中がススけて見えます(;^_^A
サビ色の方は全く姿を見せなくなりました。

そして今日、けだるい身体(病み上がり)を引きずって買い物に出ようとした時、白とグレーの混ざった如何にも洋猫、といった風情の猫が突如我が家の玄関先の前に!
ガ-(゜Д゜;)-ン! な、なんじゃワレ?!

いや~、この辺で洋猫なんて、初めて見たのでただただビックリ(-д-;)
よ~く見るとまだ半年ぐらいの細い身体で、アメリカンショートヘア?、と思しき子猫...

Z243.jpg
※画像はイメージ

首輪に赤いリボンが結んでいたので、どこかの飼い猫でしょう。

で、近づいてこないけど逃げないので、公園野良にやっている餌をちょろっと与えると...
安物ドライフードに鰹節混ぜてるだけなのに、食いつく食いつく!!(爆)
お前、家で一体何食わせてもらってんだよ?!(^。^;)

とりあえず餌にパクついている隙に買い物に出かけ、帰ってくると隣の車の下に彼奴が...
「お前、はやく家に帰りなよ~」
っとその場はそれで済ませたのですが、その後ウォーキングに出かける時にふと車の下を見てみると・・・
(=^・ω・^=)ジー   ...... ( ̄□ ̄;)ショエエ!! お前まだおったんかい?!

という訳で公園野良用の餌を与えるとまたもや食いつく食いつく・・・

ウォーキングを済ませて帰ると居なかったので、ようやく家に帰ったかとホッとしたのもつかの間、ゴミ出しで外に出たところ、
(=^・ω・^=)ジー   ...... _| ̄|○ マイリマシタ

なあ、君は洋猫だろ?まだ子供だろ?飼い主誰だよ?
こんな時間(PM10:30)に外に居るのに、飼い主は全然不安じゃないのか?!

ただ今こちらは雨が降っています。気温もぐんぐん下がっています。
にも関わらず子猫は外の車の下・・・
警戒しているのか、家には絶対近づいて来ません。

一体どーして欲しいのよ?! ┐(´д`)┌



10月26日追記

猫に詳しい人から、ある有力な情報を聞きました。
家で猫を飼えない人が、首輪だけつけて野良状態で飼う人がいる、というものです。
それに首輪をしておけば、変態に捕まって虐待される事もないだろうと...

確かに赤いリボンだけなんて可愛いけどなんて安上がりな・・・

今まで一度も姿を見せた事がなかった種類の猫が、昨日突然現れたのも不自然だったんですよ。
そして深夜~明け方にも我が家の前に姿を現して・・・

しかしうちの周りには、凶暴なカラス一味がいるのは誰も知ってるはずなのに!

誰じゃあゴルゥァアア!!!凸(゚Д゚メ) 

にゃんこの話3

2009 - 10/19 [Mon] - 11:11

私はカミさんと、ダイエットのため毎晩ウォーキングしています。
今まで日々違うコースをぐるぐると廻っているだけでしたが、ここ半年ほど、毎晩同じコースです。
というのは、実はそのコースで通る公園が、夜は野良猫天国というのが分かったからです。

忘れもしない半年前の暑い夏の夜、カミさんとその公園を歩いていたら、壁の上でなにやらうごめく物体が...
カミさんと近づいてみると、生後3~4ヶ月ぐらいの薄い茶トラがゴロンゴロンしていました。
ためしに「チッチッチ」と舌打ちして呼んでみると、「うにゃ~♪」と近づいてきて足元でスリスリゴロゴロ状態。
いつまでも離れようとしません。

野良のクセに恐ろしい程の人馴れ様に正直驚きました(;^_^A
で、カミさんがこの猫に惚れ込んでしまい、それからというもの毎晩この公園に...
まあ、カミさんもきちんと毎晩ウォーキングするようになったのでいいんですがf^_^;

それから数日後、いつもの様に茶トラと戯れていると、夜間パトロールの警察官が来て、
「あ、茶っピーですね。」
警察官から名前付けられとるってどんな猫じゃー!!
命名「茶っピー」として、毎晩相手をしてやっています。

Z241.jpg

茶っピーと遊ぶようになってから、その公園内を毎晩注意して見ていると、けっこういろんな所に野良猫が点在していたんです

茶っピーの付き人の様にいつもくっついているサバッチ,ロンリーウルフのボス(黒白),メタボ検診で即入院と言われそうな白デブ,仲が良いのか悪いのかよく分からない白兄妹,まだ5~6ヶ月ぐらいだろう、病気を持ってそうな,3~4ヶ月ぐらいのモコモコ長毛の黒白タビ・・・

以上の猫達は人間の前に姿を現す野良猫で、ほとんど姿を現さない猫達もいます。

そしてこれら野良猫達に餌を与え続けている近所の人達(確認済みでも5,6名)・・・
そこら中に餌皿が置いてあり、毎晩ドライフードが大量に入っています。
時に晩飯の残りと思しき物も...

それらの猫達に毎晩話かけ、時には置いてある餌皿を持って、さも私たちが餌を持って来たかの様に見せかけ・・・
たまに私達も餌を持って行ったりしてますがw

おかげで彼ら(彼女ら)は最初はちょっとでも近づくと逃げてましたが、今はかなり仲良くなりました( ̄∀ ̄*)イヒッ
とは言っても撫でさせてくれるのは茶ッピー,サバッチ,白デブ,タビの4匹ですが。
いや~、猫ってほんと人間みたいです。かなり忍耐力がつきますよ(^_^;)

特に茶ッピーとサバッチのコンビは付近住宅街のアイドルみたいで、会いに行くと人から餌をもらっていたり撫でてもらっていたりと、日々忙しい生活を送っています。
時に順番待ちの場合もあります(マジ
カミさんも負けじと猫じゃらしで遊んでやってますf^_^;
Z242.jpg

巷ではこういう猫の扱いについて物議を醸し出している場所がありますが、ここは無縁です。平和です。
最近はタビより小さい猫を見たことがありませんので、ひょっとしたら彼ら(彼女ら)は「地域猫」と呼ばれる猫達かもしれません。

しかし先々月、ここでも事件が起きました。
いつもの様に茶ッピー達と遊んでいたら、珍とおぼしき原付連中が歩道に乗り上げすっ飛んできて、音にビックリしたサバッチがあろうことが原付の方に突っ込んで行き、ガシャーン!
原付のサルどもは音にビックリしてそのまま逃げて行きましたが、サバッチは歩道に倒れたままピクリとも動かず・・・

サバッチをさすっても暫く動きませんでしたが、数分後にピクリと動き出し、何があったのか分からず辺りをきょろきょろして、私達や茶ッピーを見るなりすっ飛んではるか彼方に逃げて行きました。
それから4~5日は姿を見せませんでしたが、今は元通り元気に茶ッピーと遊んでいます。

こうして見ると、野良猫の世界って過酷です。
人に馴れず孤高の野良として生きるか、人馴れして人に頼って生きるか・・・
どちらにせよ、常に危険とは紙一重です。

こういうのを自ら体験すると、里親制度の必要性を感じますね。
放っておけば猫はどんどん増え続け、不幸な事はもっと起こるし、人間社会に悪影響を及ぼしかねません。
・・・場所によっては既に悪影響が出て事件になってますね(ーー;)

近所のペットショップにも里親募集の猫達がいますので、飼える状態になれば、里親募集から貰いたいと思っています。
皆さんも猫が飼いたいな~、と思ったときは、まずは近所のペットショップやネットで里親募集をご覧下さい。

プロが保護後に人馴れ,社会馴れさせた子猫達を紹介していますから。

わっはっは

2009 - 10/18 [Sun] - 00:44

すいませんm(_ _)m
あまりに馬鹿馬鹿しくて、笑ってしまいました。

いや、何がって、これです。
橋下知事:メールで反論の大阪府職員を処分へ

もちろん橋下知事を笑ったのではありません。
これだけでは事の判断がつきにくいので、もっと掘り下げて見てみました。

①橋下知事批判メールに反響700件、賛否半々

②橋下知事に「『お前』メール」 府職員に100人もいる!

Z240.gif

本来なら正確な判断をするには両者の話を聞かなければなりませんが、調べても橋下知事の方の発言しか載っていません。が・・・

①,②を読めば私が笑うのもお分かりかと。
ていうか、世の中の一般的な社会人の方も、いや、バイト等で働いている経験を持つ学生君達も呆れて笑うしかない内容でしょう。

この女性、普通の会社ならクビ、とは今の世の中では無理ですが、まあ、まずこんなのいないでしょうよ。
いたとしても、ここまで酷いと日々会社勤めする事自体、居たたまれないと思います。

そんな人を橋下知事は教育してあげている。
この行動が大人だなあ、と思います。
私なら、顔を見るのも会うのもしゃべるのも嫌で部下にさっさと処分させますね。
・・・それだけ器が小さいという事か(ーー;)(自爆

知事に「『お前』メール」も笑かしてくれます。

皆さんが社長,重役、又は上司から事の是非を問う意見や状況連絡を受けたとして、その返答に「お前」と書けますか?

確かに橋下知事はタレントでした。
ちょっと前までTVによく出ていたタレントで、今でもTVによく出ています。
従って、上司と言われても常に直接対面している訳ではないでしょうし、ピンとこないのは分かります。

が、橋下さんが知事になってどれくらい時間が経過しましたっけ?
いまだに「お前」と書ける認識でいる事自体、府は精神的にとても危うい人達の巣窟だとしか思えません。

ていうか、その前にネチケットは?

私は賢い学校に出ている訳じゃなし、ましてや学歴なぞ言える様な者じゃありませんが、人として知事をお前呼ばわり出来る人間よりはマトモだと思っています。

『愚痴はブログで言ってください』,『メールを読むのは時間のムダだ』
なんて返事を書ける人。
素晴らしい!""ハ( ̄∀ ̄*)パチパチ♪
あなた方、きっといま流行のモンスターペアレントじゃないですか?(爆)
又はその予備軍w

給料減らされた、余計な仕事増やされた、残業増えた、全部橋下知事のせいだ?

じゃあさっさと役人を辞めなよ。で、社宅(官舎?)からさっさと出て各種待遇も無くして世の中に出て来いって。

にゃんこの話2

2009 - 10/17 [Sat] - 10:31

白猫がどうなったのか、想像にかたくありません。
猫はいなくなるときに、誰にも知られない所に行く、と言います。

って、こんな事書いて、ひょっこりまた現れる可能性が無きにしもあらず...(ーー;)
という訳で不幸な方向に考えるのは止めます。



今回は白猫の話ではなく、近所の飼い猫について。

実はこの白猫に餌を与え始めてから、白猫が我が家の回りもテリトリーと定めたのか、他の猫を寄せ付けないようにしていました。
白猫はメスで、近所の飼い猫も全てメス猫だったため、そりゃもうかち合った時は激しいバトルが・・・
庭先で、裏庭で、玄関前で、「にゃ~ぉおおお!、うぉおお~ん、ギャオース!」
ゴジラと闘っとんかい(; ̄_ ̄)=3
Z238.jpg
※写真はイメージです

前回も言ったようにうちは猫好きなので、近所で喧嘩されてもそんなに苦ではありません。
両隣のおばさんは殺意を覚えるでしょうけど(ーー;)

ええっと、喧嘩を面白おかしく言いたいのではありません。

にゃんこの話1で書いたとおり、白猫野良です。
野良である以上、どんな病気,虫を持っているか、分かったものではありません。
ましてやこの白猫は、長い間私もカミさんも見ていて、太ったり痩せたり病気になったり全身が汚れたり時には変なものを舐めていたり・・・

そんな野良猫と喧嘩する飼い猫、その中でも特にしょっちゅうやり合っている白い飼い猫サビ色の飼い猫
何回か野良の白猫に噛み付かれたり引っ掛かれたりしてました。
喧嘩後びっこ引いてたときもあったような・・・

私はこれをいつも見ていて思いました。
将来猫を飼う場合、絶対に室内飼いにしようと。
出入り自由の飼い方していたら、外でどういう病気を、怪我を貰ってくるか分かったものではありません。

ましてや可愛がってる猫が喧嘩して怪我して帰って来たら・・・平常心でいられるかなぁ...
近所中の野良猫をイブリ出して片っ端から、と真剣に考えそうで怖い (((( ;゚д゚)))

白い飼い猫サビ色の飼い猫も、なかなか高級そうな首輪をしていて、毛並みも素晴らしく一目で可愛がられているのがわかります。
また、カミさんのエステ先や友人宅の近所,実家の近所にも、それぞれ素晴らしい毛並みの飼い猫達が住んでいます

ですが「素晴らしい毛並みの飼い猫達が住んでいます。」と私がわかるという事は、皆外飼いされているという事なんです。
皆さん一生懸命愛猫の世話をしている割に、なんと外飼いの多いこと!

先週日曜はエステ先で魔女の宅急便のビビそっくりな、2~3ヶ月ぐらいの小さな黒猫がいました。
ミューミューと可愛らしく鳴いて、頭をスリスリしてきました。
Z239.jpg

その後その子がどうしたかというと、そのまま道路を渡り始めたんです。
車や原付が走ってきているというのに!
で、渡った先にはいかにもこの辺のボス、と思えるようなガタイのいい野良猫が...

室内飼いがかわいそう、という意見をよく聞きます。
が、外飼いの結果、怪我や病気をして帰ってくるのは「仕方ない」で済まされますか?
可愛い我が子が道路でとんでもない姿になる可能性、考えましたか?

今の時代、ネットで調べれば、室内飼いの方法も沢山載ってます。
私は今の時代、「室内飼いがかわいそう」こそ間違った認識と思います。

また、白の野良猫の件があり、猫の病気についてネットで色々と調べましたが、その結果病気以外にも沢山の事を知りました。

・地域猫のTNR活動
こんなのがあるなんて初めて知りました。こっちじゃ皆無だろうな。ていうか、こんな事ウチじゃ無理だ。
第一、野良猫=地域猫というのも初めて知りました。

・子猫の飼い方
成猫と全然違う。いや~、大変だ(;^_^A 全く知らなかった。

・猫を飼うことによる近隣とのトラブル
思ったより深刻です。殺人事件まで起きてるじゃないですか(-д-;)

・その他(タブー?笑)
猫好きがいき過ぎてる人達と、猫嫌いな人達のすれ違い。
生活(or頭の中)が人間主体でなく猫主体になっている人達と、とにかく猫といえば邪魔な(忌むべき)存在としか思っていない人達との確執。

私から見ればどちらも異常です。
ただし猫嫌いな人達が、生活が人間主体でなく猫主体になっている人達の事を「愛護」ではなく「愛誤」と呼んでるのにはウケました。

飼い猫にとって危険なのは野良猫,交通網だけではありません。
散歩させている犬(猟犬タイプ)や猫を嫌う人間達・・・これらによる被害も多いという事がよくわかりました。
そして室内飼いにすることにより防げる事項も沢山ある事が分かりました。

<続く>

にゃんこの話1

2009 - 10/16 [Fri] - 11:53

最近超忙しい上に、とうとう自宅のパソコンがオシャカになってしまい...
自宅でのネット操作が完全不可になってしまいました_| ̄|○

だからと言っていつまでも放置状態もアレですので、最近家族で熱を入れているにゃんこについて、徒然なるままに書いていきたいと思います。
あくまで普通に猫が好きな一般ピープルとして綴っていきます。




我が家は全員犬が好きですが、実はにゃんこも大好きです。
しかし我が家はペット不可の借家で、両隣には猫嫌いなおばさんが...
という訳で、犬は実家(近所)の犬を可愛がってますが、猫はずっとペットショップの子猫を見てるだけ状態でした。

話は過去にさかのぼりますが、今年の2月のある日、道路にうっすらと雪が積もっている中、買い物に行こうと車に近づいたら、どこからともなく「にゃ~...」
えらいか細い声ではっきりと聞こえなかったのですが、どこだどこだとカミさんと二人で辺りを探しまくり、車の下でうずくまっている白の野良猫を発見。
うちの近所を縄張りにしている野良でした。

いつもは絶対に近づかないのに、その日は車の下から出ようとしません。
どけと言ってもハスキーボイスで「にゃ~...」のみ。
凍りついたようなコンクリートの床に顔を押し付けるようにして覗いてみると・・・

白猫は明らかに異常でした。
鼻水はダラダラ出まくり、目やには両目とも酷くまともに目が開いてません。
目元周りも赤っぽく、全身の毛もボサボサ状態。

これが俗に言う猫風邪か?と思って急いで味噌汁とご飯と余り物おかずで餌を急ごしらえし、白猫に与えました。
白猫はグッタリしながらも餌を食べ、食べ終わったら少しは元気が出たのか「にゃ~...」と鳴いて去っていきました。
Z237.jpg


それから時々白猫が餌をねだりにくるようになり、カミさんの実家に以前飼っていた猫の餌が大量に余っていたのでそれを貰い受け、白猫に与えるようになりました。
もちろん隣近所には内密に。ところが・・・

どうやらその猫は他の人達からも可愛がられていた様子で、我が家以外の人からも餌を貰っているようでした。
もともと生粋の野良なので人間に触られる、人間がそばにいるのは嫌なのでしょう。

他の人達は放置餌なのに、我が家は必ず人間がそばにいますから、徐々に我が家に来る回数は減り...
最初の頃は触らせるぐらいまで近づいてましたが、いまや一定距離以上近づいてこず、「そこに餌置けよ。」と態度で言ってくる始末。
まあ、これが普通の野良でしょうが(;^_^A

うちは普通に猫が好きですが、世話をする以上ペットとしての癒しを求めますし、
生活に支障をきたすほどの熱の入れようなど論外です。
ましてや過剰なボランティア精神など持ち合わせていません。
完全回復した様子だったので、餌を与える事を止めました。

そうして半年以上が過ぎ、また寒い時期に差し掛かってきました。

白猫は一時期過剰に餌を貰いすぎて物凄い太り方をしていましたが、餌やりさんの中で月極め駐車場で契約していた人が次々といなくなり(又は苦情が出て撒き餌禁止になったのか)、餌をもらえる量がどんどん減っていき、夏は首も見えないぐらいの巨体だったのが、またスリムな体型に戻ってきました。

9月ぐらいから、自分のテリトリーである駐車場での餌がほとんどもらえなくなり、となると我が家が懐かしいのか、また近くをうろうろするようになりました。
私やカミさんを遠巻きに見ては「にゃ~」

ですが先も言った通り、過剰なボランティア精神など持ち合わせていませんので、よほどしつこい時だけ餌を与えていました。
しつこいって事はその日は餌を貰ってないのでしょうから。

そうしてまた、ほぼ毎日顔を見せてきていたのが急に来なくなり、どうしたのか?新しい餌場でも見つけたのか?と思っていました。

そして2週間前の事、またとんでもない姿で現れました。
猫風邪気味でしたが身体全体がゲッソリとやせ細り、とにかく目元周りが異常でした。
明らかに何らかの病気にかかっており、体内にも虫がいそうで、毛も抜けはじめている様子でした。

あまりの姿にビックリし、餌を良い物(栄養価の高そうな物)に換えてウェットとドライ、鰹節を混ぜて与えました。
数日毎晩姿を見せ、フガフガと体調不良ながらも美味しそうに食べていました。

しかし、その後、二度と姿を見せる事はありませんでした。

<続く>

 | HOME | 

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。