薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 2010年10月

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内憂外患その6

2010 - 10/22 [Fri] - 12:58

※【注記】これはバイクブログですm(_ _)mヾ(・ω・o)全然説得力無し

何かとお子様だった仙谷さん、まともな発言をしてくれました。
仙谷氏、日中関係で「過剰反応するな」「大きく豊かなゆとりある気持ちで…」

これ、今の日本にとって、非常に重要な事だと思います。

彼の国から過激な言動,行為がこうも続くと、内心は穏やかならぬのが普通。
ただ、日本人の気質(ほどよいドライ加減?(;^_^A)が、彼の国と同じぐらいの言動,行動まで移らないのかと。
平八
※特に意味無し( ̄∇ ̄)ゞ(ーー*)オイ

しかし、『大きく豊かなゆとりある気持ちで』ある事以上に、冷静に全般を見据え、判断する必要がありますね。

まあ、一緒になって騒ぐ必要はない、という事です。
騒いだら、騒いだ方がどんどんボロ出しますから。

仙谷官房長官:前原外相の中国発言を擁護

前原さん、頑張っておられます。
中国政府のチクチク攻撃に、一つ一つ反応されている様で...
いえ、小馬鹿にしているのではありません。
特に外交戦略では、こういう小さい事の積み重ねがとても大切ですね。

今まで何も言わずさしたる抵抗もしなかった日本が、瑣末なコトにまで対応し始めました。
それも身を引く様な言い回しではなく、真っ向勝負の様相です。

これらに対する、仙谷さんの援護射撃ですね。
この形が崩れない限り、対中国外交戦略はまともに機能するかと思います。

さぞや中国政府は驚いていることでしょう。
言われっ放しの日本が、とうとう噛みつきだしました。
日本人にも牙がある事を、まだ「大戦の反省云々」と言う様であれば、相手にするのも馬鹿馬鹿しいですが。

今の日本人の牙は、理性を持った牙ですから。

政府、東シナ海へ探査船派遣検討 ガス田掘削の有無確認

派遣の検討、じゃなく派遣しましょうよ。
「中国政府はいまだに平気で人質を取れる政府だ」という事は、もう世界中に知れ渡っています。
次は中国政府は盗っ人である事を世界に知らしめましょう。

こういう事を世界に知らしめ、世界が中国をどう見るのか、それを外交でわからせない限り、中国が変わる事はあり得ません。
そして中国が変わらない限り、ずっとジレンマを抱えた外交をし続けなければなりません。



ハノイでASEANとの会議に出席 日中韓会談も 中国首相

漁船衝突映像を公開せぬまま船長解放をした事に、私は、衝突映像は完全に外交カードとしての効力を失った、と思っていました。ところが・・・

おいおい、使い方によっちゃ、すんごいジョーカーじゃないの?
20090403-joker_mmsdx_01-big.jpg

ま、そこまで日本がやれるとも思いませんが(;^_^A


外交といえば、こちらもホットです。
レアアース輸出停止報道で中国商務省がコメント発表

元々は対日本制裁措置で中国がやりはじめた事(中国政府は否定)なのに、あらぬ方向に飛び火していっています。

中国商務省はCNNに宛てたファクスで「中国は引き続き他の国々にレアアースを供給する」と述べた。

中国政府は、ノーベル賞受賞者の問題も含め、日本だけでなく欧米各国を相手にしなければならなくなりました。
ま、頑張って(`・д・´)ノ▽””フリフリ

日本は口を出すこともないし、ましてや擁護する必要なぞありません。

もっと言うと、他の国々=自国以外の国々』なのか、他の国々=日本以外の国々』なのか定かではありません。
個人的には後者のニュアンスで言っていると思います。
中国政府は、中国を、少なくとも私にはそう思わせるほどの国にしてしまいました。
今までは思いもしなかった事です。

仲のいい人がいるにも係わらず・・・複雑な気持ちです(; ̄_ ̄)=3
でもその人は相変らず「自分達は政治家じゃないから関係ない。」と呆気ラカンとしてるので、まだ気分的に楽です(^_^;)


レアアース:日本政府、ベトナムと共同開発へ
いい方向に動いてますね。もはやこの動きは自明の理ですね。

一国への依存は、その国へ自国の命を預けるのと同じ事。
それが国家にとって必要不可欠な資源ならなおの事。
けん制云々ではなく、今後世界的に同じ様な動きが活発になっていくことでしょう。

それを中国政府は、改めて全世界に知らしめてくれました。
アラブ諸国でさえしなかったことなのに...

この動きの中で、今後日本はアジア諸国と、より密接な関係を築いていくことを望みます。
単に経済援助等々だけではなく・・・



尖閣共同開発を要求、漁船衝突受け中国 日本、即刻拒否

衝突事件と尖閣問題が発覚した時、私は当時、日本政府の「領土問題などない。」という発言にイマイチ理解が出来ませんでした。
現に今発生してるじゃないか、と。

でも、今なら明確にわかります。「領土問題などない。」と。

尖閣諸島は日本固有の領土です。
つまり、日本人がこの問題を、『領土問題』として取り上げること自体がナンセンスなんですね。

『領土問題』というとそこに「問題がある」という認識が生まれ、ほんとはどっちの領土だ?、という議論の発生にまでなり兼ねません。

つまり、日本人が「問題」というと、日本人が「尖閣諸島は日本固有の領土ではないのでは?」と言っているのと同じ事なんですね。

今後も中国政府はありとあらゆる外交手段を使って、日本政府,日本人にそういう意識漬けを仕掛けてくることでしょう。
そういう挑発に乗らぬよう、常に冷静に判断していかないといけません。

しかし、言葉のゲームって怖いですね~(;^_^A



【H22.10.26追記】

中国代表団、東京国際映画祭をボイコット 台湾の名称変更や尖閣で中台連帯を要求

(゚Д゚) ハァ?・・・
いやはや、もう、ここまでやれるとは、素晴らしいお国柄ですね。

『中国側は、沖縄・尖閣諸島の領有権問題も持ち出し、中台の映画関係者が連帯してグリーンカーペットを歩く“ミニ反日デモ”まで提起したという。』

もちろんこの人達がそう考えてやったなんて思えません。
お国のお偉いさんに「やれ。」と言われたんでしょう。

今後日本で行われる中国関係とのこういった催しは全て、同じチャチャが入ることでしょうね。
対米,対欧のドルvs元問題,レアアース問題,ノーベル賞受賞問題等々はもっとこじれるでしょうから、来年のアカデミー賞でも同じ事をしてくれるよう、期待しましょう♪(爆)

スポンサーサイト

内憂外患その5

2010 - 10/17 [Sun] - 00:19

※そろそろ日本政府も、この問題にケリつけて欲しいものですが...

やっとこさ、というかヤッパリと言うか、中国で勃発しました。
中国各地で大規模反日デモ 成都のイトーヨーカ堂などを襲撃

あちらのデモ隊は、日本のデモ隊と違って暴徒化してもいいみたいですね。
お国柄というか何と言うか...

「日本製品をボイコット」だそうです。
殆どがmade in chinaの日本商品をチャイニーズがボイコットってこれ如何に!?

ねえ皆さん、どう思います?┐(´ー`)┌
もう、バッ◎丸出し!!ギャハハハ(≧▽≦)彡☆バンバン

元々がインターネットを通じて集まったねらー連中主体のデモだから、確たるイデオロギーを持たない、ただ暴れたいだけのガキの集まり。

chn1010161801006-p1.jpg
グラサン外せ

中国進出企業も、そろそろ『身の振り方』を考えた方が良さそうです。
万一の時の家族保証はとんでもない額になるでしょうし、企業イメージの低下,関係者の精神負担も怖いです。

ちなみに日本では報道されていない、日本で発生したデモは、普通にデモ行進するだけで器物損壊,人的被害は発生していません。
「尖閣渋谷2600人デモ」海外メディアは大々的に報道するも日本のマスコミは華麗にスルー



主張云々は自由だけど、それに勢い付いて日本企業の店を襲撃しやがったので、ついカチンときて書いてしまいました。

さて、皆さん、私の様にこれらの報道に踊らされ、怒りを覚えてはいけません。
こちらのニュースもご覧下さい。
「反日デモはマスゲーム」中国有名作家が「愛国」に一石

☆1:中国国内に多くの矛盾を抱える中、政府が外国と対立するたびに庶民が「愛国」を叫ぶことへの疑問と、政治には踊らされないという冷めた視線
☆2:政府の土地開発で立ち退きを迫られて抗議の自殺をした庶民や、当局に拘束された作家の名前を挙げ、「もし唐福珍や謝朝平のためのデモをすることができるなら、釣魚島や(妨害された北京)五輪聖火リレーのために自分もデモに参加しよう」

我々からすればこの考えの方が頷けます。そしてこのニュースは、単に過激な言動,行動をする中国人だけではなく、それに踊らされず冷静に事の成り行きを見つめている中国人も沢山いる事を物語っています。
中国は徐々に強硬論を推し進めることが出来なくなりつつある、つまり変化の時を迎えつつあるのかもしれません。

日本政府はこの問題を、今後どう片付けていくつもりなのでしょうか。
日本人だけではなく、欧米各国,中国のこういった冷静な人達も、じっと見ている事でしょう。

今度こそ、シッカリと対応して欲しいものです。



【2010.10.19追記】

もうボロが出始めました。
反日デモ3日連続 武漢、重慶で呼びかけも…不満鬱積の農民ら「反日」大義名分で参加か

『反日』を大義名分にして、日頃の鬱憤,政府への不満を爆発している様です。

もちろん日本に限らず全世界に報道されている事は必至。
中国国内の不合理と矛盾が、どんどん噴き出てくることでしょう。

当局はデモ活動に一定の理解を示しているとか。
そうでも言わないと他国にカッコつかないし、でもすぐにそんな事言ってられないことに・・・

今後はしばらく冷静に観察しましょう。
※という訳で↑の発言は一部修正しました。

尖閣余波 JAL中国線で3600人キャンセル 全日空とあわせ1万1000人超
大西社長は、日中関係の悪化が長引いた場合は「最終的に便を間引く可能性はある」と指摘

今現在、JALは再生に一生懸命力を入れてますよね。
変なことが起こらないうちにさっさと間引いて、社員の安全確保と他の路線への強化を考えられては如何でしょうか。

・仙谷氏が発言暴露の丸山議員を「いい加減な人」と語気強め批判
・仙谷氏答弁「乱暴で侮辱的」と自民の石原幹事長が痛烈批判



gaki11.jpg
※ガキの喧嘩イメージ図

(゚Д゚)・・・ ┐(´д`)┌
こいつらもダメダメ...

内憂外患その4

2010 - 10/05 [Tue] - 22:40

吟じます愚痴ります

日本人の中国に対する認識が、かなり変わってきています。
中国「信頼できず」84%…尖閣で対中感情最悪

この調査対象者は、ランダム抽出とはいえ中国人と付き合いのない、今回のニュースで初めて中国に興味を持つ様になった人達がほとんどである事が想像出来ますが...

これは当然の結果でしょう。そして、この不信感の払拭に日本が右往左往する必要はないでしょう。
払拭しなければならないのは中国であり、日本人のやるべき事ではありません。

今は私達の世代がある意味日本の主役ですから、中国とは個人的にも経済的にも、深い付き合いをしています。
小さい頃から近所に住んでて幼馴染だったり、学生時代から学友として付き合ったり、仕事で付き合ううちに仲良くなったり・・
ですから尖閣問題は、個人レベルですと『何処吹く風』的に映ります。

untitled.jpg
※この問題がどうなろうとも、日本三大中華街は大好きです( ̄∇ ̄)

しかし、日本の若い世代(我々より下の世代)は、この世論調査の様に今後中国に対し不信感を強めたまま生きていくので、今の中国依存型から別の方向へ模索をはじめるのは当然のことです。

そう、日本は中国に依存しない国家,社会として徐々に再構築し始めます。

私達なら、例えば何かの部品を製作するとき、コストその他を考え中国も視野に入れますが、今の若い世代がそういう立場になったとき、『中国』はその視野からなくなっている事でしょう。

国益のためなら何やってもOK、という姿勢は日本人には、というより法治国家に住む人間には理解できません。
某ゼネコン社員がまだ1名捕まっていますが、軍事施設に入ったとの事で拘束されていますが、そんなの誰も信じてはいません。

dyukai2.jpg

国が身代金(いちおう身代金という名目で)目的の誘拐をした、としか思えませんって。
某キタ国なら普通でしょうが、まさか中国がするなんて、さすがに思いもしませんでした。

これ、戦略上致命的なミスですよ。不信感,警戒感を募らせたのは日本だけではありませんから。
ていうか、こういう戦略を極端に嫌う国、他にもあるでしょ?



日中関係進展を確認=会議後に「非公式会談」-ハイレベル協議で合意

戦略的互恵関係とは、「真に仲良くなる事は出来ないが、相互利益のため今後ともお付き合いしましょう。」
という意味でしたよね。

今の私と留学生との関係、会社間での関係みたいに仲良くならなくても、表面上は相互利益のためにニコニコしながらお付き合い・・・
そういう役柄なら今の日本の若者達はドライな性格でかなり上手いでしょうから、将来的にきっとあなた方の望む関係になる事かと思います。

その時は、もちろん、日本社会はあなた方の資源に重度依存などしていない状態になってますが。

それと、中国外務省のウェブサイトによると、温首相は「中国固有の領土」と主張しているとか。

あの~、他国の領土を自国領土だと主張するなんて、江戸時代後期の欧米列強、植民地時代のレベルですから。
さすがにその辺は分かってるのか、面と向かって菅さんには言ってないみたいですが。

まあ、2年前の話ですが、こんなことやってるぐらいですから↓・・・

img20090708_p.jpg
※中国外務省から流出したと言われる「2050年の国家戦略」と題した地図その1

china2050-2_p.jpg
※中国外務省から流出したと言われる「2050年の国家戦略」と題した地図その2

うん、彼らの野望は第三次世界大戦だな。



とまあ、ぐずりぐずりと愚痴っぽく書き綴りましたが、結局こうなった元凶は何なのでしょう?
温家宝首相?いえいえ、とてもそうは思えません。

国連総会で温首相が「日本の行為を許さない!」「船長の即時解放を!」なんて強硬論を発言しているシーンです。


・・・怒っている顔ですか?
・・・心からそう言ってるように見えますか?
・・・取り巻きの連中にしたって、心底日本憎しでコリ固まってるように見えますか?


お国の一部強硬派(軍部?)連中のせいじゃないでしょうか。

結局は中国自身が変わらない限り、この問題は解決しないように思えます。

 | HOME | 

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。