薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 2014年02月

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月から学生になります

2014 - 02/27 [Thu] - 21:50

実は先週大学の入学試験を受けまして、今日その合格発表があり、何とか合格することができました。
という訳で、今年の4月から学生になります。

最近は一括発表ではなく個人単位でしか公表しないシステム
合格2

とは言っても会社を辞めて学校に行き直す、という人生大バクチ的なものではなく、会社に行きながらドクターを取得する、いわゆる大学院の社会人ドクター制度を利用します。
もちろん学ランは着ません\_(`・д・)ココ重要ヾ(ーー )ォィ

私の職はメーカー技術職ですが、今やっているものが専門的になりつつあり、企業としてドクターの人員を育成したい、との観点から自分にGOサインが出ました。

『一年生~になった~ら♪』という曲が昔CMで流行りましたが、博士前期課程(2年間)の続きの博士後期課程(最低3年間)から行きますので、正確には三年生スタートです。

ちなみに大学4年が『学士(スカラー)』で、大学院5年間のうち前半の2年間が博士前期課程『修士(マスター)』後半の(最低)3年間が博士後期課程『博士(ドクター)』です。
私は現在『修士』ですので、博士後期課程からスタートということになります。

論文博士といって大学院に行かなくても論文が所定の機関に認められたら博士になれますが、それこそアインシュタインやLEDの発明者、近々ではiPS細胞とか、よほどの天才か画期的な内容でない限り無理でしょうね。
アインシュタイン1

博士後期課程は最低3年、というのは順当に認められたら3年で卒業できるという意味で、認められなければ4年、5年とかかります。
3年間は土日も祝日も長期休暇もないぞ、と先生方から散々言われています(;´Д`A ```
頑張って精進したいと思いますが、どうなることやら…┐(-。ー;)┌

スポンサーサイト

一難去っていないのにまた一難

2014 - 02/13 [Thu] - 20:00

今年に入ってずっと猫のぎんの体調不良について書き綴ってきました。
今度は猫ではなく人です。

カミさんの父親、つまり義理父が心筋梗塞で救急車に運ばれ、緊急入院しました。

午後10時頃心臓付近に違和感を覚えたけど、別に痛い訳ではないのでそのままほっといて床に着きました。
しかし午前1時前、カミさんの実家も猫を飼っているのですが、その猫が義理父の布団の中でワサワサと動き回り、そのせいで義理父が起きた時に心臓付近の異常を感じて義理母を起こし、救急車を呼んだ…
という顛末です。

広島市内で心臓関係の病院と言えば『市民病院,土谷病院,舟入病院』御三家ですが、そのうち市民病院に搬送され、処置を受けました。
top02_230508.jpg

1時過ぎに市民病院に着いて検査、非常に危険な状態との事で緊急手術をして中央棟5階の救命救急センターに運ばれました。
処置室の看護婦さんは5名ほどいましたが、どの人も一見して婦長さんクラスであろう、プロ中のプロといった感じの人達でした。

義理母からうちに電話があったのが3時過ぎ。
て言うか2時頃から電話を掛けていたそうですが、カミさんが気付いて電話に出たのが3時過ぎでした(;^_^A
ぎんとチャタローがモソモソしてちょうど起こされた時にカミさんが血相を変えて、
「さっさと起きんかい!凸(゚Д゚#) ゴルァ!!」(多少の脚色あり)

急いで仕度をして市民病院に駆けつけたのが4時前。
カミさん側の親族は義理母以外誰もいません。

義理父は緊急手術を終えて寝ており、義理母が疲れ切った顔をしてそばで立っていました。
義理父のそばに行った時にちょうど義理父が起きて2こと3こと言葉を交わしましたが、まだ喋らない方がいいとの事でその場を離れました。
そして担当医から別室でCTスキャンを見ながら説明を受けました。

心臓に空気と栄養を送る冠動脈と呼ばれる血管が3本あり、そのうちの1本が根元から詰まって血液が送られておらず、心臓の1/3が機能していない状態だったそうです。
緊急手術で詰まった血管部を切除し、人工血管を繋いで一応は事なきを得ました。
col09_s.jpg

心筋梗塞はスタートして2時間が勝負だそうで、義理父の場合午後10時~午前1時、つまり3時間以上が経過していたわけですから、担当医の口から出る言葉は、優しくはあったけど「覚悟を決めろ」的なニュアンスばかりでした。

「心臓に血が回らない→心臓が仮死状態になる→心臓が壊死する」

心臓が壊死って、身体が腐っていないのに心臓が先に腐るって、全然イメージ湧かないんですけど。
もちろん血が廻っていない箇所だけが壊死するので、例えば冠動脈の先端だけがやられていたのなら壊死する細胞もごくわずかでしょうが、義理父の場合3本ある太い血管の内の1本の根元だった訳ですから、状況はまさに担当医の言う通り「覚悟を決めろ」なのです。

それに壊死スタート時間は心筋梗塞が始まって20~30分後だなんて、そんなの元々病院に入院していない限り壊死回避なんて無理でしょう。
心筋梗塞ってよく聞きますが、こんなにも恐ろしい病気とは思いませんでした。

説明を一通り受けると、緊張と疲れで気分のすぐれなかった義理母がそのまま倒れ込み、義理母も救急ベッドへ。
カミさんは顔も目も真っ赤になっていて明らかに気が動転していました。
そんな中でも病院は、義理父の入院手続きだの義理母の処置手続きだの、事務手続き攻撃を仕掛けてきました(まあ、しなきゃいけなんですけどね)。

7時過ぎに義理弟と連絡が取れ、夜勤明けからそのまま病院に来てもらい、義理弟が病院に着いたころ義理母も気分が落ち着いて起き上がれるようになりました。
遠方にいる義理姉とも連絡を取り、すぐに帰郷することになりました。

ドタバタした一日でしたが、まだ全く予断を許さない状況です。
落ち着くまでどこにも行かず、平穏静かに過ごさなくてはなりません。

ぎんのその後3

2014 - 02/11 [Tue] - 14:00

今日は2月11日、最悪の状態だった1月4日から1ヶ月以上が経ちました。
ぎんは順調に回復してきています、と言いたいところなのですが・・・

あれから回復する様子もなく、1月14日時点の頃とほとんど変わりません。
餌は少し食べるようになりましたが、体重は変わらず3.5㌔付近をうろちょろしています。

歩行も相変わらず右前足、右後足に難有りで、
また右目がほとんど見えない状態になりました。

どうも肺の周りに水が溜まっていた時に、
圧迫されて血が流れたのか左脳に血が溜まった様で…
薬で溜まった血を少しずつ減らしているのですが、幸先は厳しい…
それと脳に溜まった血のせいか、怒りっぽくなりました(-"-;A ...

で、猫エイズが更に悪さをしています。

チャタローが巨大に見える…
IMG_20140209_135129.jpg

夜中になるとドライの餌をバクバク食べていますが、
日中はほとんど食べず寝てばかり。
薬を飲ませるためにウエットを少し食べる程度です。

寝床は私の布団の上なので、夜中に1時間おきに餌を食べに行っては戻ってきて、
布団の上にのせて欲しいと「にゃ~・・・」とか細い鳴き声を上げます。
ほっといたら勝手に自分でのるんですけどね(; ̄ー ̄A

で、毎朝会社に行く前に撫でてやったらグルグルいいます。

いつまでこの状況が続くのか。

何気ない普段の日常っていうものが、
こんなにも大切なものだったのか、
改めて痛感しています。

 | HOME | 

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。