薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 追憶・・・2

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追憶・・・2

2010 - 03/06 [Sat] - 21:37

尾崎 豊は、今までの邦楽を全て否定する程の衝撃を私に与えました。

飾らない、ストレートに心に響いてくる歌詞。それでいて突然とっつきがたい難しい表現をしたり、フレンドリーになったり...
ただし今までの邦楽にみられていた、軽薄で上っ面だけすくった様な表現は一切なく、暖かみを感じられる曲ばかり。

当時の洋楽を完成形とするならば、尾崎のそれは発展途上。
しかしどんどん空に向かって伸びていく、無限の広がりを感じさせるものでした。


洋楽オンリーだった私達も、尾崎豊だけは別格扱いでした。
・・・いや、別格どころか、確実に彼にハマっていきました。

ギター好きの友人と尾崎の曲を聴いたり話したりするうちに、徐々に邦楽の情報も入るようになりました。
彼がバンドを組みたがっていた様に、当時はバンドブームの到来でした。
中高大学生がおのおのバンドを結成し、好きなアーティストの曲をコピーしたりオリジナル曲を作って歌ったり・・・
その中でプロになろうとするグループはどんどん東京へ進出していき、そのほとんどが淘汰されていく時代でした。

広島で有名ドコなバンドといえば、「ユニコーン」がいますね。


私は楽器を弾こうなんぞとは思うこともなく、もっぱら裏方作業をやっていました。
ちょっと絵心があったのでチケット製作とか、ポスター製作とか、スタジオの飾りつけとか。

あの頃は本気で思いましたね~
どんなにがんばろうと、ステージ立って男見せなきゃ絶対女にモテないって!(大爆)

とまあ、洋楽ばかり聴いていた私も友人も、尾崎だけは特別な存在として心に居続けました。
今になって考えると、尾崎無くして私の高校生活は在り得なかったことでしょう。

さて、高校時代も楽しいことばかりではありません。
誰もが経験する、進学・就職です。

実は私、一番大事な高校3年時代、完全に学業をボイコットしていました(; ̄ー ̄川

小さい頃から塾漬けの毎日が続き、自分の時間がほとんどない毎日・・・
時々嫌気がさしては塾にうその連絡をしてずる休み、そのまま友人達と夜遊び・・・

とうとう勉強自体が嫌でたまらなくなり、一切勉強しなくなりました。

君の担任は、一度サジを投げられたら、二度と救ってくれん人だぞ、と別の先生から注意を受けましたが、
「教師だろうが所詮は他人。それで上等。」の一言で終わらせました。

全部人のせいにして、したいコト,思ったコトをキチンと伝えられないガキが、何一人で反発してたんでしょう?


自分のした事は、見事にわが身に返ってきました
私は2浪もしてようやく『普通に進学した人』と同格の大学生になりました。

実はこの時期のことが、いまだにトラウマになっています。

今でも、たまに悪夢を見るのです。
常に周囲の状況と他人のせいにして自ら努力しようとはせず、結局大事な場面で何一つ結果を出せずに、終わってから後悔している自分の姿を・・・

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://janblue.blog18.fc2.com/tb.php/126-cfa085a6

 | HOME | 

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。