薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 日常

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常

2011 - 04/04 [Mon] - 23:00

毎日仕事と私事に追われ続けて過ごしている。
客先の無理難題や一方的な営業支援の依頼、開発上のジレンマ、板挟み・・・

疲れた身体を引きずって帰りの電車に乗るが、最近はモラルという言葉を知らない人の形をした生き物が必ず乗っていて、我が町の駅に着く頃は精神疲労MAX状態になる。

カミさんも帰宅が遅いため、家事,炊事はお互い早く帰る方がやれるところからやっている。

私が早いときは、明りの点いていない真っ暗な家に着くと、まず着替えて保護猫に餌をやり、風呂に湯を入れて洗濯機を廻し、夕食の準備を始める。
この時点でいつも家の中が妙に静かなのに気づき、テレビのスイッチを入れる。

もちろん画面なんか見ていない。

後ろの方から聞こえるバラエティ番組の騒ぎを他人事の様に聞きながら、ご飯をとぎ、冷蔵庫の中を物色し、適当におかずを作る。

最初の頃はネットでレシピを見ながら大さじ何杯、小さじ何杯、なんてやってたが、今では全て適当。
でも味は何とか食べられる程度になっている。

こうしておかずを作っている時に、保護猫が餌を食べ終わり、外に出せと騒ぎだす。
イライラしながら勝手口を開け、外に出してまたおかず作りの続きをする。

作り終わって適当に盛りつけ、調理器具を洗っている時に、保護猫が今度は中に入れろと外で騒ぎだす。
またイライラしながら勝手口を開け、家に入れて餌を少し追加して食べさせる。
そして私も一緒に夕食を食べる。

夕食を食べ終わって食器を片づける頃に、洗濯がとっくに終わっている事に気づき、急いで片づけて洗濯物を干す。
そしてコーヒーを入れ、居間でテレビを見ながらくつろぎ始めると、保護猫が膝の上に乗せろとすり寄ってくる。

保護猫を膝の上に乗せてゴロゴロ言っているのを撫でながら、今度は私事の方に頭を切り替える。
そうこうしているうちにカミさんが帰ってくる・・・



平日の我が家は、毎日こんな日常だ。
共働きなら、どこの家庭もこんな感じだと思う。

日々生活に追われ、無意味に過ごしてしまっているかのような日常・・・
何か変えたい、特別な刺激が欲しい、と感じる平凡な日常・・・


しかし、そういう日常からかけ離れてしまった人々がいる。
想像はできても、実際そんな目に遭ってしまう事など思いもしなかった非日常が日常となってしまった地域がある。
しかもその時は予告無しの待った無しで突然やってきたのだ。


両親とはぐれてしまった、とある避難所に避難している女の子が、うつろな目をして報道のインタビューに答えていた。

「今までどれだけ恵まれていたか、よく分かりました。」

本心からか、周りの大人達が言わせてるのか、はたまた報道の台本なのかは分からない。
しかし、うつろな目が全てを物語っていた。



今を大事にしなければならない。
出来ることを、先延ばしにしてはならない。
考えることを、曖昧で終わらせてはならない。

そのためには、今の自分の意識を変えなければならない。


な~んて思ってんだけどね~(; ̄ー ̄A

共感

うんうん、痛いほどよく解ります!

いえろぅ きゃぶ たぱりーのさん

( ̄∇ ̄)マチガエタヾ(ーー )ォィ

いえろぅ ぜぷ たぱりーのさん、こんばんは。

色々と立て込み過ぎて、仕事はおざなりに出来ないだけに、
家の方の事がいいから加減になりつつある今日この頃・・・

これではいかんと思いつつ、ついつい毎日が過ぎていってます。
気持ちだけは治そうと思っているんですがなかなか(;´Д`A ```

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://janblue.blog18.fc2.com/tb.php/161-b1ebcca1

 | HOME | 

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。