薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 ぎんのその後3

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎんのその後3

2014 - 02/11 [Tue] - 14:00

今日は2月11日、最悪の状態だった1月4日から1ヶ月以上が経ちました。
ぎんは順調に回復してきています、と言いたいところなのですが・・・

あれから回復する様子もなく、1月14日時点の頃とほとんど変わりません。
餌は少し食べるようになりましたが、体重は変わらず3.5㌔付近をうろちょろしています。

歩行も相変わらず右前足、右後足に難有りで、
また右目がほとんど見えない状態になりました。

どうも肺の周りに水が溜まっていた時に、
圧迫されて血が流れたのか左脳に血が溜まった様で…
薬で溜まった血を少しずつ減らしているのですが、幸先は厳しい…
それと脳に溜まった血のせいか、怒りっぽくなりました(-"-;A ...

で、猫エイズが更に悪さをしています。

チャタローが巨大に見える…
IMG_20140209_135129.jpg

夜中になるとドライの餌をバクバク食べていますが、
日中はほとんど食べず寝てばかり。
薬を飲ませるためにウエットを少し食べる程度です。

寝床は私の布団の上なので、夜中に1時間おきに餌を食べに行っては戻ってきて、
布団の上にのせて欲しいと「にゃ~・・・」とか細い鳴き声を上げます。
ほっといたら勝手に自分でのるんですけどね(; ̄ー ̄A

で、毎朝会社に行く前に撫でてやったらグルグルいいます。

いつまでこの状況が続くのか。

何気ない普段の日常っていうものが、
こんなにも大切なものだったのか、
改めて痛感しています。

ぎんちゃん、辛そうですね。。。
何気ない日常…
その時は当たり前のように過ごしているのですが、いざ辛い出来事があると…。
ぎんちゃんもたか坊さんも大変でしょうけど、少しでも良くなるよう影ながら祈ってます。

カマ吉さん、こんにちは。

認めたくないことですが、ぎんは一生治らない、
障害持ちの猫となってしまいました。
今飲んでいる薬も、命潰えるまで飲み続けないと
いけないかもしれません。

上のチャタローとぎんの写真ですが、
去年の12月初旬はほぼ同じ体格でした。
それが今では子猫と親猫です。

どうしてこうなったのか。
飼い主が注意して見ていなかったのが最大の原因です。

とにかく今は体力をつけてもらうために、
いい餌をなるべく食べさせています。
でないと次のステップに進めません(;´Д`A

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://janblue.blog18.fc2.com/tb.php/288-9ca0fc5a

 | HOME | 

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。