薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 ぎんのその後 ラスト

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎんのその後 ラスト

2014 - 03/16 [Sun] - 10:48

2014.3.16 AM8:58

ぎんは静かに旅立って行きました。

2時ごろから時々突発的な痙攣が起こり、
目を合わせても誰だか認識できていない様子でした。

8:50頃に激しい痙攣が起きた後、
意識がはっきりしたような目つきになって
手を握ってくれと私の手のひらに腕を伸ばし、
手を握ったらそっと目を閉じて、
途端に激しい痙攣を起こしてしばらく抱きしめていたら、
痙攣が止み、穏やかな顔つきとなり、
そのまま心臓も止まりました。

すごく穏やかな死に顔をしています。
今にも起きてきそうです。
そして遠慮がちな鳴き声を上げて、
餌をくれとねだってきそうです。

ぎんに使っていたものを片付けると、
我が家がだいぶ広くなった気がします。

休みの日のこんな時間に息を引き取るなんて、
最後の最後まで遠慮がちで迷惑をかけない、
素直なぎんでした。

保護当時のぎん
ぎん 保護当時

昨日の今日での訃報で驚きました。

たか坊さん、ご家族共ぽっかりと穴があいたような気持ちに成ってしまっていると思いますが、最後まで皆さんと一緒にいることができて ぎんちゃんも幸せな気持で旅立てたと思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。

Noriさん、こんにちは。

様態は木曜から突然悪くなっていました。
信じたくないけど、もう最後だという現実が近づいてきているのを実感していました。

ぎんは一人で逝くのが怖くて、土日まで一生懸命頑張って生きていたんだと思います。
金曜の夜に帰ってからは、少しでもそばを離れると鳴き叫んでいました。
土曜は家事をする時間すらなく、24時間ほとんど一緒にいました。

でもおかげでぎんはそんなに苦しむことなく、悲しむこともなく、
無事看取ることができました。

ぎんがいなくなると自分が一番ヤバいと思っていたのに、
カミさんと両親の方がマジでヤバくて悲しんでいるどころではありません。

ありがとうございました。

今、これを読んでとにかく驚いています。

ぎんちゃんは、ウチの子に似てて勝手に親近感を感じてましたので
今は何も言葉にならず、ただただ悲しくて涙が止まりません…

ほんとに、ほんとに最期まで甘えん坊で、可愛くて、優しくて、良い子でしたね。

大事な家族。残念で、残念でなりません。

まさちゃん、こんばんは。

ありがとうございます。

先週半ばから危機感は感じていました。
ぎんの辛そうな様子を見ては、何とかしてやりたくてしょうがなかったです。
しかしもう手段は残っていませんでした。

ぎんの物を残していてはいつまでも引きずると思い、
今日一気に片付けました。
そしてガランとなった部屋にいて、
また辛さがよみがえります。

ぎんの最後を看取ることができたことが唯一の救いです。

たか坊さん…
今、読んで、、、涙が止まりません

最期を大好きな家族に看取られて、ぎんちゃんはきっと迷う事なく旅立てます。
今はとってもとっても辛く悲しいけど、いつも近くに居ると感じれる日がきます。。。

さっちゃん、おはようございます。

ありがとうございます。

ぎんは庭に埋葬し、好きな餌やお守りを添えてやりました。
墓の周りには、ぎんの好きだった花を植えてやります。

ペットは天国の手前にある虹の橋、というところに行くそうです。
そして飼い主がいつか通るのを待ち、飼い主が来たら一緒に天国に行くんだとか。
ワタクシは品行方正・清廉潔白・公明正大・自画自賛ですので、
間違いなく天国行きですがナニカ?(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

今は胸にぼっこり穴が空いている様な気分です。
カミさんは今朝も泣き腫らしていました。

いつまでもしがみついているとぎんに悪いと思い、
ぎんに使っていたものを全て片付けましたが、
あまりにも部屋がガランとしてしまい…

さすがに時間が経つのを待つしかありませんね(; ̄ー ̄A

たか坊さん
まさか…
なんと言ったら…

ごめんなさい!
なんて言ったらいいかわかんないです…

心より御冥福をお祈りします。

突然の訃報に驚きました...
ぎんちゃん、天に召されたのですね。
読んでいて、ウチのが逝った時の事を思い出し
胸が苦しくなってしまいました。

最後は安らかに旅立ったとのこと。
心より御冥福をお祈りいたします。

カマ吉さん、こんにちは。

ありがとうございます。

いえいえ、お気持ちだけで十分です。
まだ昨日の今日なので胸の真ん中には穴が空いていますが、
これから徐々にふさがれていくのでしょう。

しっかし辛いですね~
カッコつけた言い方なんてできないです(;^ω^)

cacashiさん、こんにちは。

ありがとうございます。

ある程度覚悟はしていましたが、想像以上の辛さですね。
自分が選んだ子ではなく、流れで飼いだした子ですが、
死の直前は本当につらいものがありました。

土曜は朝から晩までカミさんと交代で膝の上に載せていましたよ。
少しでも離れると鳴き叫んでしまうので…

でも最後は穏やかな顔をしていたのでぎんにはよかったのかな、
と思っています。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://janblue.blog18.fc2.com/tb.php/292-22a45f86

 | HOME | 

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。