薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 『看取る』ということ

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『看取る』ということ

2014 - 03/18 [Tue] - 20:50

オーバーな題目ですが、ペット主体の話で人生論を語る訳ではありません。



ぎんが去ってまだ2日しか経っていませんが、ぎんが自分たちの中でとても大きな存在であったのを嫌というほど感じています。

カミさんは日曜に片付けた、ぎんに使っていた物をまた引っ張り出して部屋に置いています。
親はちょっとでも時間が空くとぎんの墓の前で手を合わせているそうです。

さて、ぎんが本当にヤバくなって覚悟を決めた頃は絶対に看取ってやると思い、ちゃんと看取ることが出来たのですが、知人達の同様なケースを聞いて、看取ることがペットにとって必ずしもいいことではないということを知りました。

ぎんは甘え下手なくせに甘えん坊な気質がありました。
1日に1回は私の膝に載らないと気が済まず、私が出張等で居ない時は、私を探して鳴き続けたそうです。
チャタローが来てからはチャタローと一緒に寝ることが多くなりましたが、チャタローが来る以前は毎晩私の布団の中で一緒に寝ていました。
一人ぼっちが嫌で常に誰かがそばにいて欲しい、という猫でした。

14日の夜帰った時、私の「ただいま~」という声を聞いた途端鳴きはじめ、速攻で着替えて膝に載せてやると安堵の表情を浮かべました。
トイレ等でちょっとでも膝から離れると鳴くため、カミさんと交代で膝に載せてやりました。

15日も同様で、丸一日私かカミさんのどちらかの膝の上で寝ていました。
15日はぎんの様子がおかしくなっていくのがありありと分かり、とても辛かったです。
徐々に目の焦点が合わなくなり、耳も聞こえなくなっている様子でした。

ぎんにとって唯一の安らぎは、膝のぬくもりだけだったのでしょう。

そんな甘えん坊のぎんだからこそ、最後まで一緒にいてやれて本当に良かったと思います。
『看取る』方にとってはとても辛いことでしたが。
422593.jpg


しかしある知人の話によると、彼の場合は犬でしたが、ちょっとコンビニに買い物に行っている隙(10分程度)に逝ってしまったそうです。
外飼いでほとんど一匹の状態だった犬で、その日は元気がないな、ちょっとおかしいな、と思ってずっとそばにいたけど、犬の方からはそんなに甘えて来ず犬小屋で寝ていて、時々彼の方をチラっと見ていたそうです。

そして親から買い物を頼まれコンビニに行っている隙に…
だったそうです。

別の知人は、私と同じく猫を飼っていましたが、完全室内猫でドライな性格だったそうです。
老衰で大往生間近となった時、彼らは夫婦でずっと付き添っていたのに、彼がトイレが我慢できず小用を足しに行き、奥さんが宅急便の受取りをしていた時、そのわずか1分程度そばに居てやれなかった隙に逝ってしまい、今でも悔やんでいます。

他からも数名、同様の話を聞いています。
猫を外飼いしていた人は、どの猫もヤバい状態になったら二度と帰って来なかったと言っていました。

彼らの状況から察するに、彼らの場合、ペット側の立場からしたら『看取られる』というのは迷惑な行為なのではないでしょうか。

甘えるにしてもぎんと違って飼い主と一線を引くタイプのペットは、きっと最後は一人でひっそりと迎えたいのかもしれません。
最後まで一緒にいることが、ペットにとって必ずしも幸せだとは限らないのかもしれません。
422605.jpg

最後を迎えるにあたっては、ペットの気持ちを優先して飼い主のエゴを押し付けない様にしたいものです。

…たぶんチャタローは姿を消すんだろうな~

こんにちは~

実は私は小さい頃に犬を飼ってまして。

最後弱ってきたら姿を消してしまいました。
犬はひっそりと死を迎えたいのかなと私としては思っていましたが、でも犬にしてもネコにしてもそれぞれだと思いますね。

私の勝手な意見ではありますが、ぎんちゃんにとって幸せな最後だったと思います。

こんにちは。
考えさせられました…
そうですね。
そうかもしれません。。

少なくともぎんちゃんは看取ってもらい嬉しかったと思います。

早くご家族共々元気になって下さい。

Noriさん、おはようございます。

なんと、犬を飼っていたんですか。
Noriさんのことだから、きっと101匹ワンちゃんの様な( -_-)ノビシ*)゚O゚)あぅ

Noriさんのところもそうでしたか。
家で飼い主が看取るなか大往生…
という方が少なかったので、
うちのケースの方が珍しいのかもしれません。

ぎんは無類の甘ちゃんだったので、
そばにいた方が良かったと思います。

カマ吉さん、おはようございます。

知人達に今回の話をしたら、いなくなるケースの方が多かったので
一概にひとくくりにできないんだな~、
と思いました。

ぎんは少しでも触れていないと鳴き叫んだので、
最後までそばにいることは強制事項でした。
徐々に衰弱していく様子を見続けるのは辛かったですが、
ぎんの気持ちを考えたら離れるなんて出来ません。

まだ顔の真ん中と心臓に穴が空いている感じですが、
カミさんと親はそれ以上です(ㆀ˘・з・˘)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://janblue.blog18.fc2.com/tb.php/293-0e18eeb0

 | HOME | 

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。