薔薇 The Revival of my life with ZZR1400 にゃんこの話1

The Revival train: 廃棄となった電車を復活させ、現在に蘇った電車。情熱, 思いなどをバイクライフを通じて綴っていきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんこの話1

2009 - 10/16 [Fri] - 11:53

最近超忙しい上に、とうとう自宅のパソコンがオシャカになってしまい...
自宅でのネット操作が完全不可になってしまいました_| ̄|○

だからと言っていつまでも放置状態もアレですので、最近家族で熱を入れているにゃんこについて、徒然なるままに書いていきたいと思います。
あくまで普通に猫が好きな一般ピープルとして綴っていきます。




我が家は全員犬が好きですが、実はにゃんこも大好きです。
しかし我が家はペット不可の借家で、両隣には猫嫌いなおばさんが...
という訳で、犬は実家(近所)の犬を可愛がってますが、猫はずっとペットショップの子猫を見てるだけ状態でした。

話は過去にさかのぼりますが、今年の2月のある日、道路にうっすらと雪が積もっている中、買い物に行こうと車に近づいたら、どこからともなく「にゃ~...」
えらいか細い声ではっきりと聞こえなかったのですが、どこだどこだとカミさんと二人で辺りを探しまくり、車の下でうずくまっている白の野良猫を発見。
うちの近所を縄張りにしている野良でした。

いつもは絶対に近づかないのに、その日は車の下から出ようとしません。
どけと言ってもハスキーボイスで「にゃ~...」のみ。
凍りついたようなコンクリートの床に顔を押し付けるようにして覗いてみると・・・

白猫は明らかに異常でした。
鼻水はダラダラ出まくり、目やには両目とも酷くまともに目が開いてません。
目元周りも赤っぽく、全身の毛もボサボサ状態。

これが俗に言う猫風邪か?と思って急いで味噌汁とご飯と余り物おかずで餌を急ごしらえし、白猫に与えました。
白猫はグッタリしながらも餌を食べ、食べ終わったら少しは元気が出たのか「にゃ~...」と鳴いて去っていきました。
Z237.jpg


それから時々白猫が餌をねだりにくるようになり、カミさんの実家に以前飼っていた猫の餌が大量に余っていたのでそれを貰い受け、白猫に与えるようになりました。
もちろん隣近所には内密に。ところが・・・

どうやらその猫は他の人達からも可愛がられていた様子で、我が家以外の人からも餌を貰っているようでした。
もともと生粋の野良なので人間に触られる、人間がそばにいるのは嫌なのでしょう。

他の人達は放置餌なのに、我が家は必ず人間がそばにいますから、徐々に我が家に来る回数は減り...
最初の頃は触らせるぐらいまで近づいてましたが、いまや一定距離以上近づいてこず、「そこに餌置けよ。」と態度で言ってくる始末。
まあ、これが普通の野良でしょうが(;^_^A

うちは普通に猫が好きですが、世話をする以上ペットとしての癒しを求めますし、
生活に支障をきたすほどの熱の入れようなど論外です。
ましてや過剰なボランティア精神など持ち合わせていません。
完全回復した様子だったので、餌を与える事を止めました。

そうして半年以上が過ぎ、また寒い時期に差し掛かってきました。

白猫は一時期過剰に餌を貰いすぎて物凄い太り方をしていましたが、餌やりさんの中で月極め駐車場で契約していた人が次々といなくなり(又は苦情が出て撒き餌禁止になったのか)、餌をもらえる量がどんどん減っていき、夏は首も見えないぐらいの巨体だったのが、またスリムな体型に戻ってきました。

9月ぐらいから、自分のテリトリーである駐車場での餌がほとんどもらえなくなり、となると我が家が懐かしいのか、また近くをうろうろするようになりました。
私やカミさんを遠巻きに見ては「にゃ~」

ですが先も言った通り、過剰なボランティア精神など持ち合わせていませんので、よほどしつこい時だけ餌を与えていました。
しつこいって事はその日は餌を貰ってないのでしょうから。

そうしてまた、ほぼ毎日顔を見せてきていたのが急に来なくなり、どうしたのか?新しい餌場でも見つけたのか?と思っていました。

そして2週間前の事、またとんでもない姿で現れました。
猫風邪気味でしたが身体全体がゲッソリとやせ細り、とにかく目元周りが異常でした。
明らかに何らかの病気にかかっており、体内にも虫がいそうで、毛も抜けはじめている様子でした。

あまりの姿にビックリし、餌を良い物(栄養価の高そうな物)に換えてウェットとドライ、鰹節を混ぜて与えました。
数日毎晩姿を見せ、フガフガと体調不良ながらも美味しそうに食べていました。

しかし、その後、二度と姿を見せる事はありませんでした。

<続く>

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://janblue.blog18.fc2.com/tb.php/93-bf90b44f

 | HOME | 

プロフィール

たか坊

Author:たか坊
誕生月:1月,みずがめ座
性  別:男
住  所:広  島
職  業:会社員
趣  味:バイク,グルメ,旅行

最近の記事&コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

Pictlayer

時  計

カレンダー

FC2ブログランキング

リンク

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。